TOP > 就活コラム > 今のうちに知っておきたい!2016卒の就活生のスケジュールってどうなってる?

就活コラム 2014.12.15(Mon)

今のうちに知っておきたい!2016卒の就活生のスケジュールってどうなってる?

Carieee編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

今までと全く違う就活のスケジュール

2016卒の就活生の皆さん、今年から大幅に就職活動の時期が変わるのはご存じですか?
現在の3年生、修士1年生の学生の皆さんはこれまで先輩が行ってきた就職活動のスケジュールとは大幅に変わってしまうので、就職活動を始める際には要注意です。

具体的には3年生、修士1年生の3月からの解禁、採用選考開始は4年制の8月より開始となります。

今回はこれから就活を始める2016卒の就活生の皆さんに今までの就活のスケジュールとの違い、どのように就職活動のスケジュールを立てていけばいいのかを詳しく解説していきます。

そもそもなんで就活の時期が変わったの?

今回の就活スケジュールの大幅な変更には政府と経団連との話し合いによって変更されたという経緯があります。

経団連って何?
→経団連とは日本の代表的な企業、主要な業界団体によって構成されている団体です。就活生の皆さんは”日本の経済発展のために活動している団体”という風に覚えておけば大丈夫ですよ!

近年の就職活動は大学3年生の中盤からスタートし、学生が就職活動中に学業を疎かににしてしまうことが問題視されていました。
政府はそういった事態を改善するために経団連に「大学生は学業を優先すべきだ」という要請を出し、その妖精に経団連が応えることによって就職活動の時期が2016年卒の学生からは4月にスタートすることになったのです。

2016卒就職活動の大まかなスケジュール

就職活動の解禁時期が、従来より3か月後ろ倒しになったことの伴い、就職活動全体のスケジュールは以下のように変わります。

3月~:大手就職情報サイトがオープン。各企業へのエントリー開始。
就職イベント、合同企業説明会が解禁。大学でも学内合同企業説明会等のイベントを開催予定。
4月~:各企業が企業説明会を実施
5月~:エントリーシート提出、選考(筆記試験、グループディスカッションなど)
8月~:内定出し

現実的には、もっと早く採用活動をする企業も

3月に就職活動が解禁になることで企業によっては3月から会社説明会を実施する会社も現れます。
それだけではなく、ESの提出や筆記試験等も3月中から開始するケースも出てくることが予測されますね。

一応、内定を出し始めるのは8月というルールにはなっているものの、それより早い段階で”内々定”という形で実質的な内定を出す企業も現れます。

現実に夏休みから3月の解禁までインターンシップを実施し学生と接触している企業もありますが、名目はインターンシップでも実際はは採用活動が始まっているという状況です。

2015卒でも倫理憲章のルール上、選考開始は4年生の4月、内定出しは10月以降となっていますが、実際は多くの企業が4月~5月のタイミングで内々定出しをしています。
早ければ2015卒同様に4月~5月での内々定も起こり得るでしょう。

2016年卒就職活動は短期決戦

2016卒の就職活動戦線は非常に短期決戦になることが予想されます。
時期が後ろ倒しになった分、企業側では倫理憲章のルールに関わらず優秀な学生を確保する為に、早い段階で内々定を出していきます。

一方学生側でも就職活動が後ろ倒しになることにより「まだ準備しなくていいか」と思う学生と「早いうちに準備しておかないと!」と思う学生でスタートする際に大きな差が付いてしまいます。

企業側も早く準備をしてきた学生を取りたいと思うのは当然ですので、準備をせずに就職活動に臨むと乗り遅れてしまう可能性も非常に高くなります。
大企業は優秀な学生をサッと採用して選考活動は終了!なんてことも起こりえます。

企業の採用活動のピークは数回に分かれる可能性も

一方で大手企業以外の企業は夏以降に採用のピークが訪れる可能性も。

大手・人気企業を中心とした企業群の採用活動早期に集中してきますが、準大手や学生の目に届きにくい一般的には知られていない優良企業、中堅企業等は、夏以降に採用活動のピークが訪れるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
就職活動のスケジュールが後ろにずれたからといって学生の皆さんは気を抜いてはいけません。

早いうちに準備を進めて早めに就職活動を終わらせられるように活動していきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Carieee編集部
 ページトップへ