TOP > グループディスカッション > 実は思ったよりも重要?GDで書記が評価されやすい方法

グループディスカッション 2014.12.19(Fri)

実は思ったよりも重要?GDで書記が評価されやすい方法

Carieee編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

意外と大事な書記の存在

GDでの書記というとメモをとってるだけで、あまり評価されないイメージがありますよね。
ですが、書記というのは皆さんが思っているよりも高い評価を受けやすく、非常に重要なポジションです。

書記の仕事というとメンバーから出てきた意見をひたすらメモしていくだけの楽な役割、だと思っている学生が少なくありません。
ですが、書記をする上で本当に大事なのは”何のためにメモするのか“という目的意識です。

慣れていないと少し難しく、ディスカッションの内容に追いつけないかもしれませんが、身に付ければ他の書記とは格段に違う高評価を受けることが出来ます。

今回はどのように書記を行えば高評価につながるか具体的に説明していきます。

意見の整理を意識しよう!

書記は議論をメモしているので、本来議論の流れを一番理解しているという立場になります。
今まで出てきた意見を整理するということが書記の大きな役割です。

書記になったらまず意見を整理するということを意識することが大事です。

同じ分類に入る意見、対立する意見を整理するとともに、意見の種類によってカテゴリー別に分類しておきましょう。
この後のGDの展開としては、いろいろ出てきた意見を元に、論点を絞って議論を進めていくことが予想されます。

そのために、書記の役割は論点を絞りやすくするために、出てきた意見を整理しながらメモをしていくということになります。

出来る書記はメンバーが一目で分かるメモを取っている

これは仕事がデキそうだなと面接官や周りのメンバーを唸らせる方法としては、色々な意見の分類が図式化されているケースです。
単純に出てきた意見を羅列するだけではなく、カテゴリー別に図式を上手く使って整理されているのです。

例えば大まかな議論の本筋に対しての賛成意見、反対意見ごとに分けてあり、それぞれ箇条書きになっていたり。

こうしたメモを議論がひと通り落ち着いた時にメンバーの前にサッと出すことで、論点を絞るという次の段階にスムーズに移行することが出来ます。

さらに評価される人は、もう一歩先までやる!

一歩進むとメモした意見を元に、自分なりの見解を述べると非常に評価が高まります。

メモをとりながら自分なりに考え、今後どのように論点を絞って議論をしていくべきか考えておきましょう!

流れは初期がよくわかってる!

あくまでも話の流れを一番理解しているのは初期の自分だという意識を持って行動しましょう。

こうした動きは、つい司会役に委ねてしまいがち。
ですが、書記がここまでの役割を担っていけば、司会のサポートをすることで、更に高い評価を得ることが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
現在の就職活動では多くの書記が”ただメモをとるだけ”になっているのが現状です。

今までの書記のイメージ通りに行動するのではなく、一歩進んだ書記を目指してみましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Carieee編集部
 ページトップへ