TOP > OB訪問 > 知らないと恥ずかしい!OB訪問する時の電話のかけ方

OB訪問 2014.12.24(Wed)

知らないと恥ずかしい!OB訪問する時の電話のかけ方

Carieee編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

OB訪問の第一印象、電話の掛け方を学ぼう!

希望する企業に就職活動を行うための第一歩として非常に重要なOB訪問。

皆さんがOB訪問をするためには、まずOBにアポイントを取るために電話をする必要があります。

とはいえ、どうやって電話を掛けたらよいのか、不安に思う方も多いでしょう。
初めて電話を掛けるのは緊張もしますが、コツさえ掴めばそんなに難しいことではありません。
今回はOB訪問のアポイントを取るための電話の流れを解説します。

企業に電話を掛ける

電話はOBが所属する会社に電話をすることになります。注意したいのは、会社の場合、電話番号が直接相手に繋がるという訳ではない、また相手の所属する部署に直通ではないというというケースがあるということです。
このことを前提に電話を掛ける必要があります。

まずは名を名乗り、相手の所属部署、名前を確認します。
企業:「〇〇株式会社でございます」
自分:「私、〇〇大学の〇〇と申します。恐れ入りますが、〇〇課の〇〇様はいらっしゃいますでしょうか。」

企業の対応には色んなパターンがあるので注意しましょう。
⇒この後色々なパターンが考えられます。OB本人が出るまでパターン別に解説します。

① 「私ですが、、、」→OB本人が出るパターンです。

② 企業:「少々お待ちください。」→OB本人「お電話変わりました。〇〇です。」

③ 企業:「ご用件をお伺いしてもよろしいですか?」
自分:「〇〇様にOB訪問の件でお電話させていただきました。」
企業:「かしこまりました、少々お待ちください。」
OB本人「お電話変わりました。〇〇です。」

⇒OBが不在の場合
企業:「申し訳ございません、〇〇はあいにく席を外しております。(外出しております)。」
自分:「かしこまりました。恐れ入りますがお戻りは何時くらいになるかお分かりになりますでしょうか?」
企業:「●時頃の予定でございます。」
自分:「承知いたしました。ありがとうございます。それでは●時頃こちらからあらためてお電話させていただきます。よろしくお願いいたします。失礼いたします。」

まずは要件と挨拶・時間の確認

OBと電話が繋がったらまずはOBの情報の入手元を明確にする必要があります。
例えば大学のキャリアセンターでOB名簿にて確認した場合は以下のように話します。

自分:「お忙しいところ恐れ入ります。私、〇〇大学の〇〇と申します。大学のキャリアセンターのOB名簿に〇〇様のお名前を拝見し、本日はOB訪問の件でお電話させていただきました。ただいまお時間よろしいでしょうか。」

⇒相手の時間がない場合
自分:「承知いたしました。それではあらためてお電話させていただきます。ご都合のよろしい時間はありますでしょうか?」

OB訪問の依頼をする

自分:「私、現在3年生で就職活動を控えております。特に◯◯業界を中心に企業研究をしており、御社に大変興味を持っております。是非、現場でご活躍されていらっしゃる◯◯様のお話を伺いと思いまして、ご連絡いたしました。大変お忙しい中、大変恐縮ですが、OB訪問のためにお時間をとって頂けないでしょうか?」

アポイントの日時を決める

OBより「いいですよ」という返事をもらったら、具体的なアポイントの日時を設定します。
この際、自分の都合の良い時間帯を伝え、相手の都合を確認します。

自分:「ありがとうございます。それではこちらの勝手な都合を申し上げて恐縮ですが、例えば、〇月〇日から〇月〇日のいずれかの午後13:00から19:00の間でご都合よろしい日時はございますでしょうか?」

最後にアポイント日時と場所の確認

アポイント日時が決まったら復唱し確認します。また場所についても確認をします。
自分:「ありがとうございます。それでは、〇月〇日◯◯時に伺わせて頂きます。場所は御社でよろしいでしょうか?」
⇒場所について、指定があればそれに従います。

最後に挨拶で締めて電話を切ります。
自分:「本日は、お忙しい中、ありがとうございました。では、失礼致します。」
⇒相手が電話を切ったことを確認してから切るようにしてください。

その他注意点

電話の場合は、相手の顔が見えないので、声の大きさやトーンが重要になります。普段より意識して高めのトーンでハキハキ明るく話すように心がけましょう。

まとめ

OB訪問の第一歩としてアポイントを取るための電話は今後の印象を左右する重要な第一歩です。
何も考えず電話をするのではなく、まずは電話を掛ける前に一度シミュレーションをしてから電話を掛けるようにしていきましょう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Carieee編集部
 ページトップへ