TOP > OB訪問 > 内定を獲得した学生が語る!面接3つの裏話

OB訪問 2015.04.03(Fri)

内定を獲得した学生が語る!面接3つの裏話

Carieee編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

内定獲得のエッセンスを知っておこう!

就職活動では、こうすれば誰でも確実に志望企業に内定を獲得できるという王道は残念ながらありません。

しかし、過去に内定を獲得した学生の就職活動のエッセンスから学ぶことは多くあります。
ここでは、3人のエッセンスを紹介しますので、是非参考にしていただければと思います。

積極的な行動で独自の情報をゲット

Aさんは、銀行等金融機関志望でした。行動派の彼女は企業研究の一環で志望企業(銀行)の複数の支店訪問を重ねてきました。
また志望企業だけだはなく競合している企業の支店訪問も行いました。

突撃のアポなし訪問で初めはぎこちない行動でしたが、次第に慣れてきたとのこと。。

就職活動中の学生ということで意外と対応してくれて、支店長クラスの社員が対応してくれることもあったようです。
そこで支店ごとに実際の業務内容や支店ごとの特徴等独自の情報を得ることが出来、本当にその企業でやり遂げたい将来のビジョンが徐々に見えてきたといいます。

また行動することで度胸や自身も身に付き、面接でも臆することなく支店訪問を通じて感じたことを堂々と述べることができた結果、その勢いで内定まで一気に進むことが出来ました。

如何に、自分の足で情報を稼ぐことが大事かということを感じさせるエピソードですね。

応募企業ごとにノートを作成、徹底した企業研究

Bさんは、志望企業ごとに、企業研究ノートを作成していました。
几帳面な性格ということで、大学の授業を受ける時の延長の感覚で始めたようです。

ノートには基本的な企業概要や事業内容、業務内容の他、新聞や経済誌、インターネットで集めたの記事やプレスリリース、さらに上場企業においてはIR情報や株価の動向を定期的に記入していました。

当初は作業の一つだったのが次第にそれぞれの企業に対する興味、関心が湧き、企業研究に一層夢中になったといいます。
おかげで企業に対する理解が深まり、志望する動機づけに役だったそうです。

面接には必ずノートを持参し、ノートを見せながら質問したことあったそうです。
こうした熱心さが企業に評価され、最終的に志望企業に内定が決まりました。

企業研究により、その企業の理解を深め、しっかりとした動機を構築していくことで内定を勝ち取ったエピソードです。

身近な利用できるものは使う無邪気なずうずうしさ

Cさんは就職活動において、何をしたいのか全く想定できず、ただ何となく知っている企業や有名な企業を受けていました。
その為、気持ちも入らず結果が出ない日が続いていましたが、ある時アルバイト先である飲食店のお客さんから、そのお客さんの所属する企業について詳しい話をしてくれたようです。

話の内容は今まで聞いたことのない仕事の現実的な話で刺激を受けたようです。
それ以来Cさんはアルバイト先の先輩社員やお客さん、及びその知り合いや自分の家族、親せき等実際に企業で働いている人に、片っ端から声をかけ会うお願いをしたのです。

更にそれだけでは飽き足らず、会った人の取引先や知り合いにも会わせてもらう様依頼しました。
さらに実際の商談の場にも同席させてもらったり、企業見学をさせてもらったりすることで、そのこと自体が楽しくなっていったようです。色々なアドバイスをもらい、次第に自分がやりたい方向性が見えてきて就活が楽しくなった結果、面接でこうしたやり取りが評価され、内定を勝ち取ることが出来ました。

これぞ、就活の本来あるべき姿ともいえる素晴らしいエピソードです。

まとめ

3人の就活生に共通しているのは”自分で能動的に行動し、情報を仕入れたこと“です。

ネットが普及し、様々な情報が手に入ることで勘違いしてしまいがちですが、実際に人から聞いた話というのはネットで集めた話と違う価値を持っています。

ネットが当たり前になった今だからこそ、億劫にならず自分の足で情報を集めて就活にしっかりと向き合っていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Carieee編集部
 ページトップへ