TOP > グループディスカッション > 頭に入れておきたい!企業がグループディスカッションで評価しているポイント

グループディスカッション 2014.11.25(Tue)

頭に入れておきたい!企業がグループディスカッションで評価しているポイント

Carieee編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

就活をしていると企業の人事がどのような視点で就活生の皆さんを評価しているかは想像することが難しいですよね。
論理的に話せるところを見ているのか、周りと協調して議論を進めるところをチェックしているのか、、、。

企業によって、また選考のどの段階で実施されるかによってグループディスカッション(以下GD)の評価ポイントは異なります。

また評価項目の中でもどれを重点的に見ているかは企業により変わってきます。
企業ごとにどんな人物像を必要としているのか、企業研究をしながら仮説を立て、また自分自身の特徴や性格等と照らし合わせて対策を練っていきましょう。
今回の記事では皆さんに一般的にグループディスカッションで評価されるポイントを解説していきます。

与えられたミッションに対してどう貢献したか

GDの定義は、「与えられたテーマについて、時間内にグループとしての結論を導き出す。」ということです。
これがみんなに与えられたミッションである以上、まずはそのミッション遂行にあたり、どのように貢献したかがポイントになります。

貢献の仕方は個性に応じて色々考えられます。

・進行役として議論を円滑に進めた
・人の意見を引き出して議論を深めた
・出てきた意見を分かりやすく整理してみんなに提示した
・感じの良いリアクションで場を盛り上げた
・メンバーが話しやすい雰囲気を作った
・議論の焦点が逸れた時にそれを指摘、修正した
・議論が停滞した時に突破口を開いた
・時間管理をしっかり行い、議論進行をサポートした
・他人の意見を都度拾い、会話のキャッチボールを促した

等、本当にさまざまな貢献ポイントがあります。

自分なりに得意な部分を活かしてしっかり貢献をしていきましょう。
仮に貴方がその場にいてもいなくても状況は変わらなかったという状態では評価に値しないので気をつけたいところです。

きちんと意識しておきたい具体的な評価項目

まずはGDを行う上で普遍的に評価される項目を抑えておきましょう。
この項目を意識しておくだけであなたのGDでの発言内容はガラっと変わってきます。

参加姿勢・行動特性

まず大切になってくるのはヒューマンスキル的な項目です。
人間力と言い換えることもできますね。

ただそんなに難しいことではなく、基本的な人として必要だな、という項目を抑えておくだけで違います。

積極性、主体性、責任感

積極的、主体的に責任感を持って議論に参加しようとする姿勢が見えるかどうかがポイントです。

例えば、時間内にまとめる、議論を盛り上げる、滞りなく運営をする、議論の質を高める、ということに対して、どう行動しているかを面接官は見ています。

全く発言しない人はまず通過出来ないでしょう。またどこか他人事で「誰かがなんとかしてくれる」という姿勢が見えてしまうと消極的、受け身姿勢という評価になります。

就活は常に自分との戦いです。
誰かが助けてくれる!なんてことは考えずに、自分の味方は自分しかいない!と意識するようにしましよう。

メンバーシップ、協調性

GDでは、ミッションをみんなで協力して遂行していくことが基本姿勢となります。
この部分を無視して、自分の意見を強引に通そうとしたり、人の意見に対し批判するばかり、といった自己中心的な姿勢が見られるとマイナス評価になります。

批判する時は批判するだけでなく、「~だから反対。逆にこういうのはどうだろう?」という形で批判+提案をセットとして発言することを心がけると良いですよ。

発言内容

人間力の次に必要になってくる能力がビジネススキル的な能力です。
とはいえまだ学生の皆さんに企業が期待していることはそこまで高い水準のものではありません。

しっかりと重視される項目を覚えておきましょう。

コミュニケーション力

分かりやすく伝える、他人の発言にきちんと反応する、人の意見を汲み取る、 といったコミュニケーションの基本的な部分です。

その他にも相手の意見を聞く姿勢や表情、気配り目配り等出来ているか、友好的で明るい雰囲気か、といったコミュニケーションも大事なポイントになります。

コミュニケーション能力は仕事をする上でもほとんどの職種で必要になってくる能力です。
基本的な大事なポイントを絶対に抑えておきましょう。

論理的思考

ポイントを押さえた分かりやすい発言、事例や事実を踏まえた具体的な発言、説得力のある発言、といった論理的な内容の発言は評価が高くなります。
また、議論全体を俯瞰的に捉え、議論の流れを頭の中で整理し、まとめに至るプロセスを仮説立てしながら議論に加わっている学生も高評価となります。

関連リンク
→就活生は絶対必要!日常生活から論理的思考力を高めるには?

まとめ

いかがでしたか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Carieee編集部
 ページトップへ